若者は働きマンを読んでみるべき

 

若者は「働きマン」を読んだほうがいい!!

前に、安野モヨコさんがテレビに出演していて、そのときに私はとても衝撃をうけました。
安野モヨコはとてもまっとうで、すごく頑張っている人だった。その姿を見て、もっと自分も頑張らなくては!!という気にさせられた。

私は少女漫画を読まないタチで、彼女の漫画を読むことはあまりなかったんですが、その番組を見て「働きマン」は青年誌に連載されたものであるし読んでみようと思いました。

読んでみた感想として、仕事に対する信念がとても熱く、面白い作品でした!

主人公は雑誌編集者・松方弘子(28歳)なのだが、主意人口だけでなく登場人物それぞれにスポットが当たり、様々な立場にたつ人間の、仕事に対する情熱や思い、スタンスがとてもうまく描かれていました。

「仕事よりもプライベート優先」という、今どきの若者新人編集者・田中邦男(22歳)と「とにかく目の前の仕事を全力でこなす」という働きマン・松方弘子。
この二人のやりとりがとても印象に残りました。
松方がもらす愚痴は、現実社会の田中邦男のような若者に対するグチだとも思える。


安野氏は、働きマン・松方を通して「今与えられたことを、全力で取り組みクリアして前に進んでいくことをくり返していけば、いつの間にか自分のしたい仕事にたどり着く」
ということを伝えたいようだけど、その意見は賛同。これは仕事だけでなくプライベートでも当てはめられることだと思うし。

「自分の好きなことを仕事にする」というのは、とても難しいこと。理想ばかり追い求めるより、なにかしら経験をつんでいけば、少なからず理想に近づいていくはず。
「働きマン」を読めば、きっとそのヒントも見つかるはずです。
若者は「働きマン」を読んだほうがいいと思いますが、もちろん現役働きマンの方にもオススメです。

FX業者手数料一覧