頭皮の異常

頭皮の病気

頭皮の外見を左右する皮膚異常は多数上げることができます。

 

乾癬

軽度のものから重度のものまで、時には見た目を大きく損なうものまで存在します。
遺伝子性のもので表皮(皮膚の外層)の1層が減っていたり、まったく欠けているといういもの。

 

症状
銀白色の厚いかさぶた状のものが固着して、その下の皮膚に紅斑が現れます。
症状がさらに悪化すると髪が抜けることはありませんが、頭皮の乾癬はストレスのものになることが多くあります。
かいたり、ひっかいたりと患部を触ることによって髪が抜けたりする場合もあります。

 

一般的には、医療薬を髪の毛に塗布して治療を行いますが、重症の場合は紫外線などを使用して治療をしていきます。

 

湿疹

よくみられる肌のトラブルです。それが、皮膚または頭皮にできかゆくなります。肌が敏感になって乾燥したときに、炎症しやすくなり発疹がでたりする軽度のものから、赤くなって皮がむけてじくじくして出血してしまうという重要のものまであります。

 

湿疹で最も多い症状が「アトピー」で子供がなるケースが多数あります。
一般的にはアレルギーが原因と言われていて、食物アレルギー(多いのが乳製品)がきっかけとなって湿疹がでる場合もあります。
また、遺伝もあり家族がそういった体質の場合には発症するケースもあります。